6月が近づいてくると釧路にもようやく春の実感がわいてくる。この日は日差しが強く、時折吹く風が心地よい。水分補給をしていると、クマゲラの鳴き声。森の中に入り見つけたのがこのクマゲラ。反逆行の光が初夏の香りを感じさせてくれる。辺りを見るとキツツキが採食した後 ...

 今シーズンよく出会えたエゾライチョウが少しずつ姿を見せなくなってきた。普段はつがいでいることが多いがこの日はオスの姿だけ。メスも近くにいるはずと見渡すも姿は見えず。この時期は、抱卵中なのかもしれない。この日はほとんど観察時間。斜面で撮ると暗いズームレン ...

 道東地方への飛来数は少ないとされている夏鳥アカハラ。同じツグミ類のクロツグミやトラツグミにはあまり出会えないものの、アカハラには森を訪ねるとほぼ必ず出会える。出会える場面で多いのは、散策路で採食中の時。気づかず飛び去られることも度々。そんなアカハラに出 ...

 エゾシマリスが日向ぼっこする場所は、どういうわけか倒木の上がお気に入り?。森の中でも、散策路の途中でも出会うのはなぜか倒木の上。この日出会ったエゾシマリスも倒木の上でお昼寝?したり、毛繕いをしたり、時々警戒して辺りを見回したり・・・。キツツキが採食する ...

 枯葉ばかりで茶色のところもまだあるものの、ここ数日で森は一気に緑を増やしてきました。そんなところで出会ったクマゲラ。頭の後ろにちょこんと小さいベレー帽をかぶっているのでメス。クマゲラには緑の森が似合います。  ...

 微かに聞こえるイカルの鳴き声。双眼鏡で覗くとイカルの集団。一定の距離を保ちながらしばらく観察。結局集団は各々の場所のまま。やむなく1羽ずつ撮影。背景が異なると同日撮影とは思えないほど違って見える。季節感さえも。  ...

 よく出会う赤いベレー帽を被ったオスのクマゲラ。いつものように立木で採食中。クマゲラの呼吸に合わせて・・・と思ったら、採食を中断し毛繕い。こんな所でも毛繕いできることに驚き。鉤爪もだてじゃない。くつろぎを邪魔しないようそっと立ち去る。  ...

 コマドリの歌が聞こえてくる場所が少しずつ固定されてきた。聞こえてくる歌声から推測すると、少なくても4〜5のなわばりがあるように感じる。昨シーズンとほぼ同じ場所なのが不思議なところ。沢のある場所が好きなようだ。営巣に適しているのかもしれない。苔のある画を選 ...

 何やら走り回っている姿。双眼鏡で見るとエゾシマリスのよう。しばらく眺めていると鉄網の上で落ち着く。近づくと2匹のエゾシマリスが日向ぼっこ。人工物と野生動物の異質な組み合わせ。片方は活動的だったが、もう片方はずっと居眠り?。そのうち片方はゆっくりと鉄網の中 ...

 きっと、どこかの森に移動してしまったのだろうと話す人もいるくらい、鳴き声も姿も見られなくなったルリビタキ。キクイタダキを撮っていた時、偶然遭遇。メスなのか、オスの幼鳥なのか、画からは判断つかない。それにしてもまったく鳴かなくなったのはなぜなんだろうか。 ...

↑このページのトップヘ