この日は、前日の様子から、「霧の街釧路、波、サーファーを背景」にアオバトの飛翔を撮ろうとカメラをセット。後はアオバトがやってくるのを待つだけ。アオバトの体系も揃い、いいところを飛んでくれた時はサーファーが入らない等、妄想で終了。平面過ぎる画を補うため、夏の思い出風に四隅を暗く現像してみました。

2020.8.21
DSC07047-2