春は野生生物の恋の季節。森中響き渡るカエルの合唱。小鳥たちも仲良く追いかけっこ。シマエナガも2羽の姿をよく見かける。いったいこの森にはどのくらいのシマエナガがいるのだろう。羽があるだけに森のいたるところで遭遇する。他の野鳥には出会えずとも、今シーズンはシマエナガに出会える確率が高い。巣作りのためなのか、蜘蛛の巣や苔を咥えているシマエナガ、天敵が多い森の中でも無事子育てが成功することを祈るばかり。
DSC00814-Edit-1
DSC07345-Edit-1
DSC02051-Edit-1
DSC05399-Edit-1
DSC03706-Edit-1
DSC05872-強化-Edit-1