カテゴリ: 動物

 オスは半年間、メスは7カ月間ほど冬眠するというエゾシマリス。巣作りは夏から始まるのだという。巣には、冬眠兼貯蔵室、トイレも完備されているのだとか。毎年巣穴を変えるので、今シーズンはまだひとつも見つけられてはいない。この日出会ったエゾシマリス、撮らずに観察 ...

 気づくと足下にエゾシマリス。その距離、1mほど。ビックリして立ち止まるが、驚いたのは自分だけ?。エゾシマリスは採食を継続中。写真データーで見ると21分間ものロングタイム。今年生まれた子リスなのだろうか?。食べるのに夢中なエゾシマリスの画をいくつかピックアッ ...

 子リスが3匹で追いかけっこしている場面に遭遇。追いかけっこを狙ってみたものの、障害物で画にならず。撮れたのはひと休み中のエゾシマリス。連写の1枚が微笑みを浮かべているように見える画をピックアップ。幸せな子ども時代の微笑み?。  ...

 テーマは季節感・・・のつもりで、背景がガレ場にならない場所で待機。ところが顔を出すのは4枚目の画のようなガレ場。気持ちは揺らぐが、動かず待機。多少なりともこの時期の季節感があり、背景の異なる画を選んでみた。  ...

 急に気温が下がり、霧が発生。エゾナキウサギは霧が苦手?全く姿を見せない。ガレ場に腰を下ろししばし待機。霧が晴れると気温も上昇。再び顔を見せ春草を採食するエゾナキウサギ。採食後はやっぱり日向ぼっこ。日向ぼっこの後はガレ場に隠れ、しばらく経ってまた採食。同 ...

 平地では花が咲き、緑が濃くなってきているが、ガレ場に見えるのは雪と枯れ葉、笹の黄色、苔の緑色。少しでも色のある場所で待機。エゾナキウサギが姿を見せたのは気温が上がってきてから。枯れ草の間からほんの少しだけ見える春草を採食。採食後はいつもの日向ぼっこ。↑ ...

 恋の季節が終わると、エゾリスも、エゾシマリスも子どもたちが夢中で追いかけっこ。新しい命が躍動しています。この日出会ったエゾリスは高い木の上を上ったり降りたり子どもらしい素早い動き。まだ少し残っている桜が画に入るポジションで待っているとやってきた2匹のエゾ ...

 枝の上で遊ぶ?エゾシマリスに遭遇。木の影に隠れているとどんどん近づいてきたエゾシマリス。近すぎる。目が合ったので逃げるのかと思ったら、私の顔を2度ものぞきに来た?エゾシマリス。マネキンになってじっとしていると、この後も近くの枝で遊んでくれた。森のエゾシマ ...

 思いがけず森のエゾリスに遭遇。よく見ると夏毛に生え変わる途中のよう。口には大好物のクルミを咥えています。秋に隠しておいたクルミを発見したのでしょうか?。目と目があって固まってしまったエゾリス。木に上ると一安心。最後は高い木の上でゆっくりと味わっていまし ...

 エゾシマリスが日向ぼっこする場所は、どういうわけか倒木の上がお気に入り?。森の中でも、散策路の途中でも出会うのはなぜか倒木の上。この日出会ったエゾシマリスも倒木の上でお昼寝?したり、毛繕いをしたり、時々警戒して辺りを見回したり・・・。キツツキが採食する ...

↑このページのトップヘ