カテゴリ: 昆虫

 某カメラ雑誌の昆虫撮影ミニ特集に刺激を受け、撮影法を試すため飛んでいる蜂を正面から狙うことに。脇役の花とセットで蜂を探すもののどれもイマイチ。諦めて木漏れ日の見えるところで蜂を探す。特集に書いてある通り、蜂も野鳥のようにホバリングすることがあるので、そ ...

 お天気雨が上がった後で見つけた昆虫、体の上に水滴がついています。昆虫も暑いのでしょう?、水滴がついたまま動きません。昆虫は目にピントを合わせるのが基本らしいのですが、この日は夏のイメージで水滴の方にピントを合わせてみました。 2020.8.17 ...

 outdoorな日常、いろいろな生き物と出会う。この日の被写体はルリイトトンボ。撮る位置によって背景の色が変わる面白さに気づき、場所やカメラを向ける角度を変えながら撮ってみた。某カメラ雑誌によれば昆虫撮影の醍醐味は飛んでいるところとのこと。何度チャレンジしても ...

 秋になってとんぼを見かけることが多くなりました。この日は、見つけた赤とんぼで、フォーカスの練習をしてみました。綺麗とは言えない水たまりの中で、玉ボケとトンボが水鏡で写る場所を探し、マニュアルでピントを合わせながら、ファインダーの1点フォーカスポイントに入 ...

 至る所に自生しているエゾトリカブトは毒草として知られているトリカブトの仲間です。トリカブトの中でも一番毒性が強いとされていますが、根だけではなく全体的に毒性があるので触ったりしないように注意が必要とされています。不思議だったのがそんな毒性のあるトリカブ ...

 秋になって虫の声が聞こえてくるようになりました。声を聞いても探したりしないので、姿を見たのはこの日が初めてです。3枚目は花とバッタ、4枚目はスポットライトをイメージしました。駐車場に戻り帰り支度をした時、トレッキングパンツにバッタがくっついています。調べ ...

 某社フォトスクール誌でアメンボの写真を見ました。森林公園で見かけるアメンボ、一度通り過ぎた後戻って撮りました。1枚目は青空と水の輪を意識して、2枚目はアメンボの影を追いかけたものです。2枚目も水の輪ができた絵を狙ったのですが、緑色の苔とアメンボの影のバ ...

   暗い場所にひっそりと佇んでいるきのこ。明日はきのこ用のレンズで撮ろうと場所を覚える。次の日行ってみると跡形もなくなっていた。数日後理由が判明。オオセンチコガネのような昆虫が食べていたんです。オオセンチコガネはカブトムシと同じ甲虫類。キノコの周辺で活動 ...

 霧雨の中、松の木の間からアザミが一本飛び出していました。そこだけピンク色で目立っています。レンズを向けるとコマルハナバチもやってきました。階調が失われない設定にして露出オーバー気味にパシャり。パッとみたときの印象に近くなるようアザミとコマルハナバチの色 ...

   このところ、駐車場に止まっている車は数台。よく会う人は、「秋まで野鳥撮影はやっぱり無理だね」と話す。例年、この時期の釧路は朝日や夕日の風景もほぼ望めない。今は霧の風景や花、昆虫、キノコなどが普段着で撮れる被写体になるような気がする。写真はウォーキング ...

↑このページのトップヘ