カテゴリ: クマゲラ

 6月が近づいてくると釧路にもようやく春の実感がわいてくる。この日は日差しが強く、時折吹く風が心地よい。水分補給をしていると、クマゲラの鳴き声。森の中に入り見つけたのがこのクマゲラ。反逆行の光が初夏の香りを感じさせてくれる。辺りを見るとキツツキが採食した後 ...

 枯葉ばかりで茶色のところもまだあるものの、ここ数日で森は一気に緑を増やしてきました。そんなところで出会ったクマゲラ。頭の後ろにちょこんと小さいベレー帽をかぶっているのでメス。クマゲラには緑の森が似合います。  ...

 よく出会う赤いベレー帽を被ったオスのクマゲラ。いつものように立木で採食中。クマゲラの呼吸に合わせて・・・と思ったら、採食を中断し毛繕い。こんな所でも毛繕いできることに驚き。鉤爪もだてじゃない。くつろぎを邪魔しないようそっと立ち去る。  ...

 野生の息づかいを探して森を探検。今シーズンは運良く、この日もわくわくするような場面に出会う。何気なく入った森の中で、谷底のような場所に止まっているメスのクマゲラを発見。下を見下ろす構図でクマゲラの飛翔を撮れるかもと息をひそめ、チャンスを待つ。クマゲラが ...

 春は野鳥たちの恋の季節。つがい形成期のクマゲラの鳴き声は明らかにいつもと違う甘い声。この日、ここで採食していたのはメスのクマゲラ。しばらく採食後、甲高い声で鳴くとすぐにやってきたオスのクマゲラ。近くにいたよう。画は仲良く採食する雌雄のクマゲラ。赤いベレ ...

 ドラミングの音に誘われ森に入るとオスのクマゲラ。キツツキは鳴くかわりに木を叩きコミュニケーションを図っている。1秒間に20回の猛スピードで木をつつく衝撃は交通事故レベルとのこと。キツツキの脳は衝撃による損傷を受けていると最近の研究で発表されている。ドラミン ...

 日陰の残雪も少なくなり、ようやく一周できるようになった森で見つけたのは、クマゲラの採食後(2枚目の画)。雪深い頃、閉ざされた森でこの木を中心に採食していたのだろう。画の横にも、下にも採食後。この日は久しぶりのクマゲラとの遭遇。森に野鳥の歌が戻ってきた。  ...

 クマゲラの行動圏は繁殖期には狭く、非繁殖期には広くなるとのこと。繁殖期の行動範囲は300ha(半径1km)とも言われているので、行動範囲の広がる冬の時期はなかなか出会えないのも納得。それでも昨シーズンより、クマゲラかもと気配を感じる事が増えたのは、森の様子が何と ...

 木を突く音の方を見るとクマゲラ。しばらくこの場所で採食していました。雪が積もると倒木の虫を探すこともできなくなるので、木を突き採食することが多いようです。森の様子が伝わるよう望遠レンズの広角側で撮った画をピックアップしてみました。2020.11.7  ...

 積極的に餌をねだる長男(仮に長男としてみました)、おっとりした次男、餌をとる量で成長に差が見られた。絵の1枚目は早朝(おそらく)に長男が巣立ちした後の次男。この日の親鳥は1度給餌した後3時間待っても顔を見せません。巣立ちした長男に給餌するなど忙しいことも ...

↑このページのトップヘ