カテゴリ: アオバト

 大集団で海水を飲むシーンを期待し再び刺牛海岸へ。予報と異なる曇空と濃い霧、気温も低い。近くに住んでいるおばさんが、今日は風もないので霧は晴れないよと言う通りますます暗く霧が濃くなった。1時間で2度海水を飲みにきたが、2羽と3羽のみ。3枚目の絵を見ると岩礁で ...

 海水を飲むアオバト、砂浜に降りればいくらでも安全に飲めるのに、わざわざなぜ危険を冒してまでこんな所に水を飲みに来るのでしょう。そこが見る人の心を動かし、番組の基本コンセプトにもなっていた。この日海水を飲むシーンは1時間で3羽の集団が一度だけ。2020.7.9 白 ...

 図鑑によれば、アオバトは数羽から数十羽で行動することが多いとのこと。この日も集団の数はまちまちだったものの個で飛ぶ姿は見られなかった。森林性の鳥で海水を飲む習性があるアオバトにとって、森と海岸が隣接しているここは理想の環境のようだ。近くにある森の木に止 ...

 釧路では夏鳥のアオバト、図鑑によれば森林性の鳥で開けた場所に出ることは少ないが、初夏から秋には塩分を取るために海岸に出て海水を飲むとのこと。森林公園でも鳴き声が聞こえるので森林性の鳥というのには実感。釧路町の草原にも顔を見せたことがある。この日は偶然見 ...

↑このページのトップヘ