カテゴリ: エゾシマリス

 追いかけっこするエゾシマリスに遭遇。2匹の距離が開くと片方は止まって待っている。距離が縮むと匂いを嗅ぐような仕草。そんな追いかけっこが一段落すると、木に上り、枝の両端から動かなくなった。近づいたかと思えばまた離れ、少しずつ距離を縮める。ようやくカップル誕 ...

 春は森の仲間達の恋の季節。生い茂る草もなく、ダニの心配もいらないこの時期は、恋の季節を探して森の探検。頼りは勘と耳。面白いのは野生動物の生活の後が所々に見つかること。出会ったのはエゾシマリスの恋の季節。一組のつがいにとって年に1度の出来事に今年も出会えた ...

 今シーズン最初のエゾシマリスとの出会いは毛繕いシーン。毛繕いは清潔を保つための他、リラックス効果もあるのだとか。毛繕いシーンの中から、画に吹き出しを付け加えたとしたら、言葉が浮かびそうなものをいくつか選んでみた。1枚だけ取り出してみると、とてもユニークな ...

 2日連続で出会えたエゾシマリス君。この日出会ったのも初めての場所でした。ちょっと遠出していたようです。どんぐりが不作の年、どんなものを貯食しているのか気になり追いかけましたが、確認できません。たくさん餌を集められるといいですね。2020.11.8 釧路町森林公園 ...

 エゾシマリス君が一点を見つめているように見えるのは警戒しているからでしょうか。それでも逃げようとはしません。正面から撮ろうと少しずつ動くと、エゾシマリス君も少しだけ動いてまた一点を見つめたようなポーズ。撮ったのはそんなエゾシマリス君です。 ...

 今年はどんぐりが不作の年だとか。散策路を歩いてもほとんど見られません。春によく出会った場所で姿を見せないのは食料を求めて遠出しているのかも。この日出会ったのも初めての場所。カメラを構えると、冬ごもりに備えて頬袋いっぱいのエゾシマリス君と一瞬目が合ってし ...

 ミソサザイの営巣場所を見ていると、森林公園で初めて見るミヤマカラスアゲハが河原に止まりました。シャッターを切ろうと近づくと今度はエゾシマリス君がやってきて水を飲もうとしています。水を飲む瞬間を撮ろうと目にピントを合わせシャッターを切った途端、気づかれ逃 ...

 冬ごもりの前に見たことはありますが、この日のエゾシマリス君も枯れ草を咥えていました。今頃何に使うのでしょう、住宅のリフォームでしょうか?それとも子どもを産み育てる準備でしょうか?それとも・・・。会えない日もありましたが、クマゲラの森で時々出会えたエゾシ ...

 クマゲラの森にはシダ類の葉が鬱蒼と生い茂っています。親鳥の給餌まで時間があるので、時々やってくるエゾシマリス君をじっくり観察すると、葉の下にあるどんぐりを見つけ出し、皮を器用に剥いてから、木の枝に乗ってゆっくりと食べていました。草むらの中で食べることも ...

 この日は暗い森の中でエゾシマリス君に出会いました。木の上に登ったかと思えば、下に降りて草むらに隠れて見えなくなります。そんなことを繰り返しながらどんどん近づいてきました。遊んでいるのかなと思ったら、やっぱり餌を探していました。現像して気づきましたが、エ ...

↑このページのトップヘ